診療時間

JR大阪駅より徒歩5分
阪急・地下鉄梅田駅より徒歩3分

 

アクセスマップはこちらから
トップページ治療院紹介プロフィール施術内容施術料金患者様の声

大阪 梅田 針灸 中国針 電気鍼

部位別
針灸院だより
藤林クリニック

上のQRコードを読み込んで頂くと、
携帯サイトがご覧頂けます。

その他

トップページ»  その他

慢性炎症性関節痛

慢性炎症のため、関節に痛みや運動制限があらわれます。早めの施術をおすすめいたします。
当院では針灸治療を中心に施術します。

首、肩凝り、凝りからくる痛み

長時間の同一姿勢や普段の悪い姿勢などが原因で起こることが多く、最終的には全身を治療することにより改善していかなければなりません。
勿論、内科的な理由から起こることもあります。
放置せずに治療をして次にくる二次的な病気の予防をしておく必要があるでしょう。
この場合は通電療法、矯正療法を行います。

不眠

最も多い原因は自律神経のバランスの乱れです。本来、リラックスする就床時に興奮状態から抜けきれなかったりした場合です。
眠れないために生活のリズムが狂うと精神的や肉体的にも支障をきたします。
この場合、頭皮針や、頚椎の矯正を行います。

眼精疲労

パソコンやテレビ、受験勉強などで長時間悪い姿勢を続けたり、眼を酷使したりすることで起こります。
かすみ目やドライアイなども含まれます。こんな場合は通電治療、置針や散針などを行います。
また、頚椎、胸椎、腰椎の矯正療法にて姿勢の改善をはかる場合もあります。

突発性難聴

原因はよくわかっていませんが、突然、耳が聞こえにくくなり、重症の場合は全く聞こえなくなる病気です。
東洋医学では耳の疾患は腎臓と関係が深いと考えられており、耳だけでなく内臓からの治療も必要ですので、針治療(置針や散針)を行います。
ストレス性のものであれば、頭皮針を行います。

浮腫(水腫)

腎臓や心臓に異常がある場合や血液の循環不良などにより、身体に余分な水分が溜まる病気です。
身体に余分な水分が溜まると身体が重くなる、冷える、だるくなるなどの症状が出ます。
全身の筋肉に対して通電療法を行います。

冷え症

真夏でも手足が冷たい、また逆に、寝る時など足が火照り、布団から足を出さないと眠れないというような状態も冷え症です。冷えるというのは血液循環の悪い証拠です。
循環の悪いところには病気が集まります。通電療法を行います。
また、弱い臓器(血液循環の悪い臓器)に対して置針や散針を行います。

鼻閉(鼻詰まり)

花

慢性に鼻が詰まると寝不足になりますし、口での呼吸はし辛いものです。鼻は肺臓との関係が深く東洋医学では肺のツボを中心に治療していきます。
鼻腔(鼻の穴)に対して通電療法を行います。

ページの先頭へ戻る